歴史ある大講堂「大日本報徳社」で二宮金次郎の教えにふれる

Original

歴史ある大講堂「大日本報徳社」で二宮金次郎の教えにふれる

「大日本報徳社」は、掛川城のすぐ近くにあり、二宮金次郎が提唱した「報徳の教え」の普及を目指す全国組織の本社。「報徳の教え」とは、先人や親、周囲に対する感謝、徳をもって徳に報いる心で日々励むことで、物質的にも精神的にも豊かに暮らせると説いたもの。国指定重要文化財の大講堂のほか、移築された有栖川宮邸の一部など、格調高い明治期の貴重な文化財建造物が多く残る。

大日本報徳社

薪を背負いながら勉学に励む少年時代の銅像で有名な二宮金次郎。
子どもの頃から地道な努力を重ね、「至誠」「勤労」「分度」「推譲」という4つの柱からなる「報徳の教え」に基づき、晩年まで日本各地の農村の復興と経済発展に尽力。
この思想は、近代日本を代表する実業家たちに受け継がれ、近年では海外からも関心を集めている。


金次郎から直接教えを受け、指導者となった岡田良一郎が掛川市倉真の出身で、倉真の農村復興を進めたことから、この教えは掛川から全国へと広がっていった。
大講堂の見学では、二宮金次郎の教え、その後を担った代々社長の功績についてのガイド放送が流れる。

明治36(1903)年に建てられた大講堂(国指定重要文化財)は、現存する木造公会堂としては最古の建築物という、とても貴重な文化施設。
日本瓦の大屋根、漆喰塗りの外壁、洋風の窓など、荘厳で趣のある和洋折衷の建物となっていて、掛川市が大切にしている「木」と「和」の文化が感じられる。


1階には81畳もの大広間があり、常会や講演会などが開かれ、2階には初代総理大臣・伊藤博文直筆の書も掲げられている。

大講堂には、有名な少年時代の二宮金次郎像もあるので、金次郎の教えとその生涯に思いをはせてみよう。


仰徳学寮は移築された有栖川宮邸の一部。現存する宮廷建築の数少ない貴重な建造物で、静岡県指定文化財となっている。


二宮金次郎像の向こうに見えるのは、昭和2(1927)年に建てられた淡山翁(たんざんおう)記念報徳図書館。往時の図書館様式を今に伝える貴重な建造物で、こちらも静岡県指定文化財となっている。


【大日本報徳社】スポット情報