風情ある街並みにも映える、掛川の美味しい和菓子店3選

Original

風情ある街並みにも映える、掛川の美味しい和菓子店3選

全国有数の茶処・掛川だけに、お茶に合う和菓子も多彩。創業100年を超える老舗の羊羹、和と洋が融合した生クリーム大福、地元の特産「よこすかしろ」を使った銘菓など……。風情ある城下町にも映える、美味しい和菓子を召し上がれ!

愛宕下羊羹

伝統を守りぬく、羊羹一筋100年以上の老舗

城下町の風情が残る遠州・横須賀で、明治40(1907)年から続く羊羹専門店。歯ごたえがありながら、なめらかな舌触り、噛むごとに小豆の風味が際立つ。


特上の栗を使った一番人気の「栗羊羹」の他、「小豆」「白」「抹茶」がある。抹茶は宇治と森町産をブレンド。


三代目が古くからの製法を貫き、素朴で深い味わいを守っている。店頭の並べ方も昔ながらの裸の姿。早い時は午前中で売り切れてしまうことも。

【愛宕下羊羹】スポット情報はこちら


角屋菓子舗

四季を味わえる、彩り豊かな生クリーム大福

季節限定のものを含め全15種類以上そろう生クリーム大福が名物。北海道十勝産のコクのあるフレッシュ生クリームと最高級の白あんを使用。やわらかな皮は、とろけるような口どけ。


こしあん・つぶあん、黒ごま、お茶、コーヒーなどの定番の他、桃やりんごを生地に練り込んだり、ぶどうの実を丸ごと使ったものなど、バリエーション多彩にそろう。


ケーキやシュークリームなど洋菓子の種類も豊富。人気のサクサクシューは、注文後にクリームを入れて、できたての美味しさを提供。

【角屋菓子舗】スポット情報はこちら


菓子司 しみづ

三熊野神社大祭ゆかりの名物「太鼓最中」

厄除け・子授け・安産・縁結びの神として親しまれる三熊野神社近くにある和菓子店。地元・横須賀特産の砂糖「よこすかしろ」を使い、地域を盛り上げている。


名物の「太鼓最中」は、三熊野神社大祭の太鼓をモチーフにした最中で、かわいい太鼓の形が特徴。国産もち米を使用した皮の中には、北海道産小豆を使った粒あんがぎっしり。


地元農家のお茶や紅ほっぺいちごなどを使った、生クリームどらやきもオススメ。夏はブルーベリー味も登場する。

【菓子司 しみづ】スポット情報はこちら