「ちびまる子ちゃんマンホール」を探しに街を歩こう!

「ちびまる子ちゃんマンホール」を探しに街を歩こう! 日本国内にとどまらず、海外でも人気のアニメといえば、今年8月15日に死去された静岡市清水区出身の漫画家・故さくらももこさんの静岡を舞台にした作品『ちびまる子ちゃん』が有名です。

ちびまる子ちゃんマンホールとは、さくらももこさんによる「静岡にまる子のマンホールがあればかわいいな」という提案のもと、昨年10月から静岡市に働き掛けて制作されたもので、さくらさん自身がデザインしました。

さくらさんが亡くなる前に描いて、8月7日に静岡市に寄贈されたそうです。

作成された枚数は、2枚。【新静岡セノバけやき口前】と【JR清水駅江尻口(西口)前】に設置されました。


今回は、JR静岡駅から【新静岡セノバけやき口】に設置されたマンホールまでの行き方をご案内します。

このマンホールは、静岡市葵区鷹匠にある新静岡セノバけやき口前に、今年9月7日に設置されたものです。ちびまる子ちゃんの背景に茶畑や富士山のイラストが描かれているのが特徴の作品です。静岡市に来たら、ぜひ探しに街を散策してみませんか?新たな魅力に出会えますよ。

所在地:静岡市葵区伝馬町1-10および8-1の間の歩道(けやき通り)/新静岡セノバ南側


※下記動画は静岡の学生たちが台湾の方々に、静岡の魅力を伝えるために作成しました。 この情報は 2018年11月20日 現在のものです。

関連する動画